もじもじ///
Archive
Posted on 31st Jul at 9:08 AM, with 106 notes
"オナ禁は一瞬。春場所は永遠。"
(via petapeta)
Posted on 31st Jul at 8:57 AM, with 2,812 notes
" ところが一方でこんな話がある。ある男が遭難した。氷砂糖が一袋だけ残っていたので、のどの乾きや空腹を氷砂糖で癒していたが、五日目に発見された時は目もろくに見えない半死半生の状態だった。ビタミン欠乏症やその他の栄養失調だったという。つまり、砂糖は消化する時に多量のビタミンやミネラルを消耗するので、砂糖ばかり取っていると数日で体中のビタミンやミネラルを使い果たし、脂肪やたんぱく質を使わずに死んでしまうらしい。"
Posted on 31st Jul at 8:56 AM, with 166 notes
"

「わくわく」する感覚を嫌いな人は少ないと思う。
アメリカのダリル・アンカを通し、チャネリング(精神交流)によりメッセージを伝えていると言われている、エササニという星の宇宙人であるバシャールは、ワクワクする感覚が最も重要で、ワクワクすることをやれば全てうまくいくといった意味のことを教えていることを、バシャールの本でよく見た。

ところで、バシャールのメッセージの和訳では、「わくわく」という意味をどんな意味で使っているのだろうと思うことがある。
「わくわく」の語源は、「沸く沸く」か「湧く湧く」だろう。
「沸く」は沸騰するという意味で、興奮する様子と思う。
「湧く」は生じるという意味で、「わくわく」で生じるものは、おそらく「想い」だろう。
英語で「わくわく」を表現すると、“be excited”(興奮する)と共に、“be nervous”、つまり、ナーバスになると言い、これは神経質とか落ち着きがないといった意味だ。

こうしてみると、「わくわく」というのは、落ち着きのない、心が揺れ動いている状態で、決して好ましいとは思えない。

「わくわく」と共に、楽しい雰囲気を表す言葉に「うきうき」がある。
こちらは、「浮き浮き」で、浮くのは心である。
ただし、いわゆる、緊張してあがるということではなく、心が軽い状態と思う。
昔から、非常に良い気分を、「天にも昇る気持ち」と言ったり、素晴らしい愛や夢を、飛ぶとか、舞い上がるといった表現をすることが多い。
また、「高い」という言葉自体、「高貴」や「高尚」といった良い意味で使われ、良いもの、素晴らしいものを「高い」「高度」と言い、非常に優れた人物を「雲の上の人」と言う。
それに、天使は飛ぶものだ。
逆に、地獄は地の底にあると言われる。

考えてみると、「うきうき」という言葉の方が「わくわく」よりはるかに優れているのであるが、おそらく、「浮き浮き」の意味で「わくわく」を使う人もいるのではないかと思う。
英国の作家、チェスタートンは、

Angels can fly because they take themselves lightly.
天使は、自分が軽いと思っているから飛べるのだ

と言うが、軽いのは体重ではなく、心と捉えるべきだろう。
面白いことに、英語で「うきうき」は、“with a light heart”で、心の軽さを表すのだ。

人間にとって、最大の幸福とは、心が軽いことではないだろうか?
いかなる富や地位があろうと、心が重ければ不幸だし、何もなくても、心が軽ければ幸福だ。
そして、心が軽ければ、それが力になる。心が軽い人間は無敵だし不可能はない。これこそが、人間の本当の神秘である。

"
Posted on 31st Jul at 8:52 AM, with 638 notes
"ガミガミ言われたければ結婚しろ。ほめられたければ死ね。(アイルランド)"
Posted on 31st Jul at 8:51 AM, with 139 notes
"『昼夜を厭わず、生活のすべてを捧げて働き、生き残った者が経営幹部になる』というビジネスモデル"
Posted on 31st Jul at 8:51 AM, with 5 notes
"ホーボーケン校では配布したノートPCにポルノサイトやオンラインゲームサイトにアクセスできないようにする「Net Nanny」と呼ばれるソフトウェアを導入していましたが、このような対策は「12歳のハッカー」たちにはまったくもって無意味で、ネット上にNet Nannyをハックする方法を詳細に示した掲示板が立ち上がり、次々とハッキングされるのを防ぐ術はなかったとのこと。"
Posted on 31st Jul at 8:51 AM, with 34 notes
"牛や鶏の場合、食用として消費できるのは全体の約40%だけだが、コオロギなら全体の80%を食べることができる。また、鶏肉1kgを生産するためには2.5kgの飼料が必要で、牛肉なら10kgの飼料が必要だが、1kg分のコオロギに必要なエサはわずか1.7kgだ(昆虫は冷血動物であるため、体温を保つためのエネルギーが必要ないことが理由)。"
Posted on 31st Jul at 8:50 AM, with 39 notes
"ほんとうに強い人なら、どんな職業に就いても、「人生は虚しい」ということを常に直視して生きていけるだろう。だが、私のようにいい加減な人間は、やはりこの問いが枯れてしまわない土地をみずから開墾しなければならないと思った。無理にでもこの問いに向き合わざるをえない場に自分を追い込もうとしたのだ。"
Start
00:00 AM